スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランツーリスモPSP ドライビングテクニック教室 その7 

では、今回もセッティングについてですね。

まずはトー角から
トー角とは、車を真上から見下ろした状態で、タイヤが内側か外側に向いているか、ということです。内側に向いているのはトーイン、外側に向いているのはトーアウト。
まずはトーインにするとどうなるか。
フロントは直進安定性とステアリングを切った時の反応(レスポンス)に優れます。ですが長い間旋回する状態だと踏ん張りが弱くアンダーステアになってしまいます。
逆にトーアウトでは直進安定性が減って、レスポンスが悪くなりますが、旋回時の踏ん張りが効いて高速コーナーでよく曲がってくれるようになります。
次はリアです。
トーインにすると直進安定性、コーナリング中の安定性が増します。ですがフロントに対して反応が遅れるのでアンダー気味になります。
トーアウトにするとコーナリング性能がよくなりますがオーバーステアが出やすい=スピンしやすい車になってしまいます。

次はキャンバー角。これは車を真正面から見てタイヤが垂直ラインよりハの字状態になっている状態のことです。
本来はポジティブキャンバーというのもありますが、GTPSPではネガティブキャンバーしか出ていないのでネガティブキャンバーについて書きます。
まず、フロントの数値を大きくするとステアを切った時のレスポンスは悪くなりますがコーナリング中の粘りが良くなります。加えて、フロントの数値がリアより大きいとオーバーステアになります。

リアの数値を大きくするとリアの踏ん張りがよくなるのでコーナリング中にアクセルONにするとスピンしてしまうというときは大きくすると解消されます。さらに、リアの値がフロントより大きいとアンダーステアになります。

注意ですが、キャンバー角を大きくすると、ブレーキが効きにくくなります。これには要注意です。

次はレーシングカーなど、一部の車両ができるエアロダイナミクスです。
まず注意しておきたいのはフロント、リア、どちらにせよ数値を大きくすればこれは空気の力を使っているので加速、最高速が鈍ります。これは注意しましょう。ちなみにエアロの効果を身近に感じたい方は、硬い下敷きのような板を扇風機の前で手で持って、その状態で下敷き(板)を下に傾けてください。それが空力、もっと専門的に言えばダウンフォースという現象です。
では、まずフロントの値をリアより大きくするとフロントタイヤが空気の力(空力)によりフロントタイヤが押さえつけられるので舵が効いてオーバーステア気味になります。
逆にリアを大きくするとリアが安定する代わりにフロントの舵が効きにくくまります。

ですが、レーシングカーは元々セッティングはほぼ完璧に出されているのでいじる必要性はないと思います。
市販車は足回りをセッティングしただけで乗りやすくなったりするので、試してみる価値があります。
では、ちょっとしたアドバイス。
セッティングやチューンは、バランスです。
では、次回は駆動方式別のセッティングについて書いて行きたいと思います。
読みずらい文でしたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。